ホーム > おもしろ > 売り買いしたのと同じ

売り買いしたのと同じ

一般的なビギナー向けのFXのテキストでは、「損失を被った時にはナンピンによって全体の平均の買い付けコストを小さくする」などと記述されていたりする事もありますが、実際にはそこにはかなり大きな隠れたリスクが隠れています。

 

とりあえず、ナンピンのロジックについて簡単に述べます。

 

仮に100円で1ドルを買ったとします。

 

$買いということで、円安になれば儲けが大きくなりますが不幸にして95円までドル安に向ってしまったとします。

 

そのままの場合ポジションを持ち続けたら、利益がでるためにはドル安になった分円安が進まなければならない。

 

誰でも、マイナスは出来るだけ早く無くしたいと思います。

 

この状況を変えるためはじめに売り買いしたのと同じだけのドルを1ドルを95円で買います。

 

それによって、平均の価格は1ドル=97.50銭まで引き下げることができます。

 

すなわち、半分の幅で円安ドル高が進むと、損失を回復する事ができます。

 

これが、ナンピン買いの理論です。

 

このような、ナンピンの方法を聞くと「ごもっとも」と思ったりするが外国為替市場は容易には問屋を卸しません。

 

そもそも、1ドル95円が底だということなど、誰も想像できません。

 

もしも、為替相場がかなり強いドル安基調であれば1ドル=95円ではとどまらずより円高に進むリスクがある。

 

仮定として、1ドル97.50円でナンピン買いを入れたにもかかわらず1ドル95円まで円高が進んだらナンピン買いをした分についても、損失が生まれてしまいます。

 

それでは、初めに売買したドルと全部で、二重の損が生じる事になります。

 

例示したとおり、ナンピンは厄介です。

 

ならば、外国為替市場が自分自身のストーリー展開とは反対の方向にすぐに進んでしまった場合、どの術で危険性を避ければいいのでしょうか。

 

そういう時には選択する対策は多くはありません。

 

最初のひとつは執着しないで、損切りをする事です。

 

もうひとつの方法としては、自分か持っているポジションを縮小することで改めて市場が元のようになるのを動かないで待つことだ。

 

ずいぶん弱腰の方法だと思う人もいるだろう。

 

しかしながら、自分が所有しているポジションに損が出た時適切な手法はこの他にはあるはずがありません。

 

勿論、ロジックとしては、ナンピンを入れるという手法も有効です。

 

しかしながらナンピン買いは自身が損失を出している場面にもかかわらず買いポジションを減らすどころか、遂に買いポジションを買い増していく方法である。

 

この手段では、危機を削減することなど、到底可能ではないと考えたほうがいいです。

 

ナンピンをし続ければやがては損失が回復するかもしれません。

 

でも、それより前にお金はショートしてしまうだろう。